美幌みらい農業センター

農業への想いを美幌町で叶えませんか

北海道を代表する農業のまち・美幌町。
気象や土壌条件に恵まれ、おいしく、
質の高い農産物を栽培して全国へ出荷しています。
でも、経験がないのに、どのように就農したらいいのか見当もつかないという方のために、
畑作研修施設としては道内唯一といわれている
「美幌みらい農業センター」の所長・午来さんがお話を聞かせてくれました。

美幌みらい農業センター 所長 午来 博(ごらい ひろし)さん
に伺いました

  • 新規就農者を歓迎し、育成する環境が整っている

    まちの郊外には畑作風景が美しく広がり、小麦・馬鈴薯・てん菜・豆類を主力に、玉ねぎ・にんじんなど道内有数の規模を誇る野菜栽培が盛んな美幌町。新規作物の試験研究にも積極的に取り組み、最近では冬に出荷できるようになったアスパラガス「冬姫」が全国的な話題になり、メディアに取り上げられています。チャレンジ精神が旺盛な美幌町の農家は、あらたに就農したいという方にも寛大。一緒にまちの農業を盛り上げたいという人を手取り足取り指導してくれる面倒見のいい農家さんが多いです。

    美幌みらい農業センター 所長 午来 博(ごらい ひろし)さん
  • 収益の上げ方などを総合的サポート

    それまでの仕事を辞めて、あらたな道を選ぶのは人生の大きな転機。不安を感じて当然です。私はまず、自ら農家へ足を運び、先輩から苦労話も含めてアドバイスを受けることをおすすめしています。「すべての答えは現場にある!」と、私は思っています。そんな現場との橋渡しをしているのが、美幌みらい農業センターです。もちろん、しっかり決意を固めた後は実践的な研修をはじめ、収益を得られる経営戦略や資金借入の申請など総合的にサポートします。

    美幌みらい農業センター 所長 午来 博(ごらい ひろし)さん
  • 前向きな頑張りをあらゆる制度を活用して応援

    美幌町では、就農されるときや農地を取得する際の補助金など独自の補助制度が充実。また、離農を予定している農家さんから住宅や農地、農機具などをそっくり譲り受ける「第三者農業経営継承」による就農もすすめています。後継者がいない等の理由で離農を決めた農家さんからの申し出があった場合には、全国の就農フェアなどを通じて募集します。あらたな人生を切り開くためのお手伝いは、とてもやりがいがあります。たくさんの夢を抱え、前向きに頑張るあなたと出会えるのを楽しみにしています。

    美幌みらい農業センター
    美幌町みらい農業センター
    〒 092-0030 北海道網走郡美幌町字美富29番地の1
    TEL 0152-75-2324 FAX 0152-75-2325
    E-mail : miraik@town.bihoro.hokkaido.jp
詳しくは美幌町HPへ

農業体験実習生募集(女性限定)

農作業を体験してみたい… 農業に関わる生活をしたい…
そんな、女性の方々を対象に「農業体験実習生」の受入を行っています。

美幌みらい農業センターは宿泊部屋(個室)と農場(ビニールハウス含)を有しており施設内で宿泊と農業体験ができます。

農場では基幹作物(小麦・じゃがいも・アスパラガスなど)を中心に様々な作物を使った農業体験ができます。

町内の農家宅に出向いて行う「農家実習」も可能ですので、実習内容を自由に選択し、組み合わせることが可能です。

美幌みらい農業センターには農業専門職員が常駐しており、農場には様々な農業関係者が来場しますので「専門的な指導」や「農業関係者との交流」などの貴重な体験もできます。

農業体験実習生募集(女性限定)
対象者:18歳以上50歳以下の独身女性(未経験者可) ※普通自動車免許不要
日当:5,000円
宿泊料金:月額23,000円(日額766円)(光熱水費含)
食事:自炊(調理場あり、食費は自己負担)
保険:傷害保険加入 (掛金は町で負担します。)
実習期間:長期(約7ヶ月)・中期(2ヶ月以上7ヶ月未満)・短期(1週間以上2ヶ月未満)※受入可能期間は4月上旬~10月末までです。
旅費
・実習期間/1週間以上1ヶ月未満 往復実費相当額の3分の1
・実習期間/1ヶ月以上2ヶ月未満 往復実費相当額の2分の1
・実習期間/2ヶ月以上 往復実費相当額全額
その他:作業服や寝具、最低限の作業・生活必需品は貸与します。
詳しくはこちら