もともとは優柔不断なのに、えいやっ!と移住を決断。
あたたかく応援され、居心地の良さを感じる毎日です。

Iターン就農
吉田 幸枝さん
吉田 幸枝さん
職業:農業(新規就農予定)
移住時の年代:30代 世帯構成:夫婦と子ども
  • 夢を叶えるための条件と町民の熱心さが背中を後押し

    吉田さんはご主人とともに東京のベンチャー企業で働き、充実した日々を過ごしていました。ただ、夫妻ともに食べることや自然が大好きで、いつかは「食」を自分の手で育ててみたいという想いを漠然と抱えていたそうです。そんなとき、友人からのすすめで就農フェアに参加。たまたま美幌町を知り、担当者のエネルギーあふれる熱心さや新規就農のサポート体制が充実していることに心が大きく動きました。ちょうど離農する農家さんから土地などを一式引き継ぐ「第三者農業経営継承」で1名の研修生を募集していました。これは、またとないチャンスだと感じ、「えいやっ!」と移住を決めたと言います。

    もともとは優柔不断だという吉田さん。「でも、やらない後悔より、やって後悔だ!」と、しっかり腹をくくれたのは、まちの美しい風景と町民のあたたかさが背中を押してくれたおかげですと振り返っています。

    吉田 幸枝さん
  • 美幌峠の星空や身近な自然はまちの財産

    移住を考え始めた直後に妊娠がわかり、知らない土地での出産や子育てに不安がよぎった吉田さん。でも、それ以上に町の人たちや青森に住む両親の応援が心強く、2019年春にはお腹の子どもと一緒に移住しました。

    初めての環境での初めての子育て……心配は尽きなかったものの、まちの「子育て支援センター」へ行くようになってから、すっかり解消されたそうです。「先生たちはいつも優しく迎えてくれるし、ママ友がたくさんできました」。星が好きな吉田さんは、ときどき美幌峠へ。「空いっぱいの星や流星が、頑張りなさい!とエールを送ってくれているようで感動!この星空はまちの財産です」。他にも「ロマンチック街道」の白樺並木や四季の彩りに染まる田園風景など、身近にかけがえのない財産があるまちだと気に入っています。

    吉田 幸枝さん
  • いい出会いがあれば、まずは行動!

    ご主人の実家は東京なので、女満別空港からまちまで車で15分というアクセスの良さは魅力です。将来的には農家体験なども考えているので、首都圏からの来町をアピールしやすい何よりの条件が揃っています。

    「特に若い人たちが、町を良くしようと一生懸命に動いています。私たちのような移住者の活動をサポートしてもらい、とても居心地の良さを感じています」。息子さんが長時間車に乗っていられるようになったので、休日には釧路や根室までドライブに出かけています。知床をはじめとするオホーツクエリアは、名もなき絶景の連続でシカやタンチョウなど野生動物とも遭遇。北の縄文文化にも興味が湧いています。

    移住は人生の大きな転機ですが、いい出会いがあれば、まずは行動することを吉田さんはおすすめしてくれました。「決めたら、必ず何かは進みます!」。近所の方や知り合いから手づくり惣菜や野菜、牛乳などを頻繁におすそ分けしてもらう暮らし。贅沢で豊かな時間の中に、吉田さん一家の日常が溶け込んでいるようです。

吉田幸枝さんのおすすめスポット

木に囲まれた
斜面のある
のどかな公園
あおやま南公園

あおやま南公園

傾斜を利用した、なだらかな丘のある公園。冬にはそり遊びができて、吉田さんの子どもも大はしゃぎです。雪がない季節は芝生が広がり、静かで落ち着いた環境の中、レジャーシートを広げてのんびり過ごすのにぴったり!カラフルな複合遊具も人気です。

住所:北海道網走郡字美幌町青山南
インタビュー一覧はこちら