びほろの魅力

ついおしゃべりになるほど、伝えたいことが盛りだくさん!

美幌町の魅力を聞かれると、困ってしまうんです。
なぜって……たくさんあって、つい話が長くなるから。

四季折々の景色は、感動的にきれい!
冬は確かに寒いけど、幻想的なダイヤモンドダストや樹氷に出会えてしまうんですよ。
しかも、部屋の中はポカポカあたたかくて、ビールやアイスクリームがこの上なくおいしいんです!

まちを元気にしようと頑張るグループがいっぱい!
お祭りやイベントが多彩で、町外からもたくさんの人が集まります。
子どものときからスポーツに親しめる環境が整い、オリンピック・パラリンピック出場選手が多数活躍しているのは、まちの誇りです。

大自然と隣り合わせで生活しているのに、まちの中心部には便利な施設や楽しい場が集まっていて、移住した方々は「毎日の暮らしは快適だよ!」と、声を揃えます。

まだまだお伝えしたいことは盛りだくさんなので、
ここからは動画や写真でご紹介します。

ワクワクしながらお楽しみいただけるとうれしいです。

  • ライフスタイルが選べる
  • 四季の移り変わりを楽しめる
  • 自然の恵みがいっぱい
  • 地域コミュニティが活発
  • 季節ごとのアクテビティ
  • 災害が少なく安心・快適

四季や自然

季節とともに空と大地が彩りを変え、感動的な風景が広がる

移住した方たちに、美幌町のお気に入りポイントをたずねると、「季節の移り変わりが、きれい!」という答えが返ってきます。
美幌町は、四季にメリハリがあるだけではなく、朝方と昼間、そして夜など時間帯によってもさまざまな表情を映します。

春の訪れはゆっくりで、4月中旬頃にようやく雪の下から畑の真っ黒な土が顔をのぞかせます。農家さんは、小麦などの農作物の種をトラクターで丁寧に播き始め、まち全体に新しい季節の息吹があふれます。桜の開花は、ゴールデンウィーク前後。北国に本格的な春の到来です。まちの桜の名所として町民から愛されているのが、旧鉄道跡地を利用して整備された「せせらぎ公園」。桜とツツジが楽しめる、とっておきのお花見スポットです。

5月、6月には、突然寒さが戻る花冷えの日もありますが、7月には夏らしい青空が広がります。ときには、気温が30℃を超えて暑くなるものの湿度が低くてカラッとしているので過ごしやすい、と移住した方々も声を揃えます。夜にはガクンと気温が下がるので、熱帯夜になることはほとんどありません。農作物もグングン成長し、じゃがいも畑では白とピンクの花が風に揺れて、空と美しいコントラストを描きます。この見渡す限りの農村風景は、いまでは観光資源になっているほど見る人を魅了します。

9月に入ると、風が涼やかに吹き渡ります。年間でもっとも天気の良い時期で、農作物は収穫のときを迎えるので、農家さんは多忙な作業に汗を流します。日々、街路樹は色づき、9月下旬頃から紅葉の季節へ。壮大な景勝地「美幌峠」へ続く白樺並木も黄金色に染まり、ロマンチック街道の別名にふさわしい情緒的な景色で訪れた人たちを包み込みます。ドライブも楽しい時期ですが、北海道では道路にキツネや鹿などの野生動物がしばしば侵入しますので、運転にはお気を付けください。

木々が葉を落とす頃、冬の足音が近づいてきます。平地では11月に初雪が見られ、12月には雪が根付く(根雪)時期になります。年明けには、寒さが本格化してマイナス20℃を下回る日もありますが、早朝の陽光に照らされてキラキラ光るダイヤモンドダスト、空気中の水蒸気が木に付着して氷の花が咲いたかのような樹氷など、寒くなければ出会えない神秘的な光景に静かに感動が湧き上がります。世界最大級と言われる「オオワシ」が、ゆったりと空を舞う姿もよく見られ、美幌町は野鳥好きカメラマンの撮影スポットとして人気です。

おすすめスポット

楽しめる
アクティビティ
満載

地域おこし協力隊とまちを巡りましょう!

美幌峠をはじめとする大自然、コンサートホールなどの施設、キャンプを楽しめるみどりの村などに、週末には町外からもたくさんの人が遊びにやってくる美幌町。施設の規模も比較的大きく、北海道ならではのスケール感です。
移住者でもある地域おこし協力隊の移住定住サポーターが、まちの魅力スポットを自分の体験も交えながらご紹介いたします。ご一緒に、風景を堪能したり、健康的にカラダを動かしましょう。汗をかいたら、丸太木材を梁としたドーム風呂が癒やしますよ。どうぞ、まずは動画をゆったりお楽しみください。

  • 美幌峠

    美幌峠は「天下の絶景」と謳われており、毎年多くの観光客で賑わいます。

  • 峠の湯びほろ

    「薬仁湯」の効能は非常に良く、これだけを目当てに常連様もいらっしゃいます。

  • 美幌林業館「きてらす」

    木とふれあい、木に学ぶことを通じて、子どもたちの豊かな心を育みます。

  • しゃきっとプラザ

    健康と生きがいづくりの活動拠点で常時指導員が健康づくりをお手伝いをします。

  • LIFE IN BIHORO

    美しい山や湖など美幌町周辺の豊かな自然資源を活用した、ヨガキャンプも展開していきます。

イベント

町外の参加者もたくさん!大いに盛り上がる多彩なイベント

美幌町民は、イベント好き!? 移住した方々からも、お祭りがたくさんあるし、大規模でびっくりという声をよく聞きます。町外からもたくさんの方に参加いただいているイベントは、いつも盛大で賑やかです。

お花見、ビールパーティ、夏祭り、和牛まつり、美幌ふるさと祭り、冬まつり……大きなイベントはもちろん、日常的にも晴れた日にはまちのあちらこちらで焼き肉パーティが始まるなど、美幌町民はみんなで盛り上がって、ふれあうことが大好きです。そのエネルギーが町外へも伝わって、人を惹きつけているのかもしれません。まちづくり若者クラブ「びほろ愛し隊」など、まちを元気にしようと積極的に活動しているグループもいっぱい!さまざまな露店が立ち並ぶ美幌マルシェ「BIHORO BASE」も定期的に開かれ、活気にあふれています。これからも、町民が心から楽しめるイベントが数多く生まれることでしょう。

  • 美幌ふるさと祭り
    美幌ふるさと祭り

    毎年9月に開催の町民手作りによる出店や子ども横丁など楽しみがいっぱいです。

  • ビホロ100kmデュアスロン大会
    ビホロ100kmデュアスロン大会

    毎年300人もの選手が道内だけでなく道外からも参加者が多い鉄人たちの大会

  • 美幌峠初日の出フェスティバル
    美幌峠初日の出フェスティバル

    元旦は雄大な美幌峠からの初日の出をご覧ください。ビンゴゲーム大会などお楽しみ満載。

まちづくりの取り組み

まちづくりの
主役は町民

「住み続けたい」まちであるために

美幌町の憲法でもある「美幌町自治基本条例」には、まちづくりの主役は町民とうたっています。私たちは、オール美幌町で先人から引き継いだ自然環境や文化を守り、自治を築いていかなければなりません。
みんなが「住んでよかった」「これからも住み続けたい」と実感できるまちづくりを町民とまちが力を合わせて取り組んでいきます。実際に移住しなくても、例えば「ふるさと納税」などを活用して美幌町を応援していただくこともできます。そんなあなたも、まちの一員。一緒に、まちの未来へ夢を描きませんか。